INVEST

投資する

不動産投資をお考えの方へ

投資用不動産とは、マンションなどの不動産の物件を購入し、購入した物件を他人に賃貸することによって収益を得ることです。
アパート・マンション経営をお考えの方に、当社が計画した最良の事業収支計画をご紹介致します。
(事業にかかる費用と収益をふまえて、どれだけの利益が出せるのかを考えるのが、収支計画。)


アパート・マンション用地として適した土地を自社で買取りし、土地、建物をセットで企画販売させて頂いております。
土地の選定や建物のラフプラン設計・計画など、当社が作成した事業収支計画に賛同して頂ける方に、投資用不動産のコンサルティングを行います。プロの不動産マイスターが、お客様と二人三脚で、金融機関・建築会社・管理会社の選定、キャッシュフロー、運営管理まで、不動産に関する全ての業務をサポート!
投資用不動産のコンサルティングを通じて、お客様と一緒に悩み、一緒に成功して、お客様の豊かな生活をサポートし続けます。
不動産投資に関するご相談は、無料となっておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

POINT 01

不動産投資のメリット

・ インカムゲイン(運用益)を長期にわたって受け取ることができる。
 ※ インカムゲイン(運用益)とは、資産を保有することで安定した現金を継続的に受け取ることのできる現金収入のことをいいます。
・少額で始められる。
・ 安定した収入源(家賃収入)でローンの返済の計画などが立てやすい。
・ 購入後すぐに家賃収入が見込める。
・ 資産家としてのステイタス感を得られる。

POINT 02

不動産投資のデメリット

・入居率の低下
・ 家賃の低下
・ 金利上昇のリスク


※下記の大切な2つの維持管理(事業計画の維持管理・建物の維持管理)でデメリットによって生じるリスク対策を行います。

POINT 03

事業計画の維持管理

キャッシュフローが事業計画通りの数値で維持できているのか?

事業計画を維持するための対策として、管理会社、不動産マイスター(当社)、アパート・マンションのオーナー(施主)による三者ミーティングを定期的に行い、オーナー自身が不動産投資の知識や建物の現状、事業計画を見直す機会を設けています。

POINT 04

建物の維持管理

経年劣化による外壁の汚れや、階段、バルコニーなどの鉄部のサビは、建物の価値を下げます。
建物の価値が下がれば、当然、賃料収入にも悪影響を及ぼします。建物の維持管理は、管理会社はもちろんですが、オーナー(施主)が、建物の変化に気付くことが大切です。
日常の維持管理と大規模修繕など、2つの計画修繕を合理的かつ一貫性のある方針のもとに進めることがポイントです。
駐輪場に知らない自転車が止まっていないか、駐車場に知らない車やバイクが止まっていないか、建物の中や周りの清掃は行き届いているかなど、オーナー自身が建物をかわいがることが大切です。